包茎治療ドットコムTOPページ


包茎というのは実は日本人男性の実に7割が悩んでいる症状です。包茎は性行為に様々な障害が出るため一刻も早く治療しなければならない状態ですが、他人に簡単に相談できない悩みです。相談できないために包茎は悪化の一方となるのです。包茎の治療としては、やはり包茎手術が最も早く思いつくでしょう。包茎のもととなる皮を皮ごと切除する手術のことです。包茎にも3種類ありまして、仮性包茎・真性包茎・カントン包茎の3つです。包茎の写真を詳しく紹介したいのですが、手元に包茎の画像がありませんのでまたの機会にさせていただきます。この中で、仮性包茎の場合は早急に手術が必要というわけではなく、包茎の度合い次第ではそのままにしておけばいずれ完治するこもあります。しかし、危険なのは真性包茎とカントン包茎の場合です。真性包茎となるのは基本的に短小の場合によく見られ皮の長さが棒の長さを上回っている状態です。真性包茎の場合は、衛生上大きな問題を抱え極めて不衛生になるので、病気にかかりやすくなります。そのため子どもを作る際などにも障害が発生し、男性だけでなく相手の女性まで感染することも少なくありません。カントン包茎の場合はさらに手名的でこちらはほぼ確実に手術等が必要と言われておりますので、恥ずかしがらずに病院で相談するのが近道でしょう。自分の包茎の種類がわからなくどうしても恥ずかしいという場合は、掲示板等で匿名で質問してみるとよいと思います。必要なのは、まず自分の包茎の種類を見極めることになります。包茎の種類を知り、その対策を練ってください。最近では、子どものうちに両親が包茎治療をしてあげるというのも流行しておりまして、実際私の知人は子どもを3歳のときに包茎手術させました。というのも包茎は後々いじめのもとにもなりますし、包茎がもとで中学校でいじめられ登校拒否になったという事例もあります。包茎の正しい直し方を知らないのであれば、子どものうちに手術をしてあげるのが無難かもしれません。


包茎矯正法


仮性包茎・真性包茎・カントン包茎など、包茎には様々な種類がありますが、これらを矯正するのに一般的なのは包茎手術です。手術により、皮を切除し包茎を治療するのです。包茎手術を行った場合、手術から約1ヶ月ほどは性器を性行為に使用することはできませんが、確実に包茎が矯正される方法でしょう。ただし、包茎手術にもリスクがあります。それは手術代が高額であることや、手術ミスなどのリスクです。そこで、包茎を手術以外の方法で自分で治す方法もあります。理論的に言えば、包茎になるのはつまりは皮が長すぎることに起因するわけです。そこで、皮を剥いてやり、その状態で固定し、剥き癖をつけることで解消されます。包茎矯正リングなどがそれに使われます。ただ、手術に比べて自力での包茎矯正には毎日のトレーニングと訓練が必要です。遅くても半年ほど毎日包茎矯正リングをつければ、包茎は自然と解消されますが、今すぐに矯正できるわけではありません。できれば、若いうちに包茎矯正を試みるべきでしょう。ちなみに、大手クリニックで行う、『切らない包茎手術』というのも、前述のように剥けた状態で性器を固定する方法であり、基本的には包茎矯正リングと同じことです。これをよりカンペキに行うのが切らない包茎手術であり、皮があまり長くない人はこちらで改善されます。ただし、重度の仮性包茎や真性包茎の場合は、時間もかかり確実に矯正できるわけでもないので、早期に包茎手術を行うのが良いでしょう。包茎手術は一時のことです。切らぬは一生の恥。切るは一時の恥です。上野クリニックなどはスタッフも男性のみですので、包茎手術に対しての恥ずかしさもそれほどないでしょう。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。